海外求人、海外就職専門の求人サイト-Bridgeブリッジ-

海外求人、海外就職、中国求人(上海・香港・広州・北京・大連・香港・台湾等)等、国際派人材の仕事情報専門の求人サイト・ブリッジ

海外求人の決定版!簡単&無料で一括登録 あなたにピッタリの海外求人が見つかる! 海外出張あり、海外常駐、国内での翻訳など様々な国際派求人情報満載!

海外転職エージェント一括登録サイト、グローバルキャリア転職ノウハウ

アメリカで働くには?

アメリカで働くには?アメリカで働く方法は、「駐在員」と「現地採用」の2種類があります。駐在員の場合であれば、本社や現地法人からの要請により比較的ビザは取りやすいですが、問題はアメリカでの現地採用を目指す場合、ビザの問題は避けては通れない難関になります。

アメリカに限らず、就労ビザには自国民の雇用機会が外国人に奪われることの無いよう、各国とも大変厳しい制限がかけられております。当然ビザ発給には「この人を雇わなければいけない明確な理由」が必要になり、技術的な問題、日本人比率、距離の問題、経済的な関連度、等を考えると、アメリカはアジアに比べてビザのハードルは非常に高くなっています。(アジアでも近年就労ビザのハードルは上がってきております。)

つまり、アメリカで現地採用の正社員として働くには、就業先企業に「この人は得がたいスキルがあるから是非ビザを出して欲しい」とビザの要件になるジョブオファーを出してもらう必要があります。
しかし、このビザ申請プロセスは費用も時間もかかるため、雇用する企業にとっては大きな負担になります。また、ビザが出るまでの数ヶ月の期間(場合によってはそれ以上)は、アメリカで働くことはできないため、雇用側が採用の決定をしてから、その社員が働き始めるまでにずいぶん時間がたってしまいます。

このように、アメリカ・欧米での就労にはビザの面で高いハードルがあるため、日本人を募集する求人数も、アジアに比べれば少なくなってしまいます。
しかしそんな中でも年間多くの方がアメリカでの就労を実現しています。 
ここでは主なアメリカで働く4つの方法ご紹介致します。

アメリカで働く4つの方法

1.現地の企業に就職

留学や、インターンを利用せず、海外の企業や、日系企業の海外支社、日本人が現地で興した会社などに採用してもらう方法もあります。前述の通り、ビザを得るには雇用主の保証が必要なので、雇用主が「どうしてもこの人材を欲しい!」と思うようなスキルや語学力、経験が求められます。この場合、主に転職エージェント(人材紹介会社)を通して採用されるケースが多くなるでしょう。

2.米国企業の日本支社に就職、その後社内で転籍、異動をする

日本で、まずアメリカ企業の日本支社に入社、そこで実績を挙げた上で、本社に転籍するケースです。職務内容を理解したうえで海外就労を実現でき、待遇や条件など同じ社内であれば、相談する事も可能になるでしょう。仕事振りのわからない外国人である日本人を海の向こうの日本から雇うよりは、企業にとってもリスクが低く、ゼロからはじめるよりは容易なケースが多いでしょう。

3.日本企業の駐在員としてアメリカへ

海外に支社・支店のある企業に就職し、実績をあげて海外駐在員として認めてもらう方法です。就職活動にあたって、海外での事業展開や社内留学制度に力を入れているかどうかといったことを調べておいたほうがいいでしょう。キャリアが安定し、駐在時は海外生活を経験できるというメリットがあります。

4.インターンシップ、留学を利用して、そのまま海外企業に就職

アメリカで働く4つの方法とにかくアメリカで働きたい方におススメなのが、インターンシッププログラムを利用してアメリカで働く事です。インターンシッププログラムに参加する場合は、学生ビザ(F-1)、専門学校留学生ビザ(M-1)、交流訪問ビザ(J-1)を取得して渡航するケースが多いかと思います。

F-1、M-1ビザの場合は、アメリカ国内の受け入れ校から発行された「入学許可証」が必要で、J-1ビザの場合も同様に受け入れ機関が発行する「プログラム参加資格証明書」が必要になります。

インターン期間中に仕事振りを認めてもらえれば、就職先の会社に本格的に就労ビザをスポンサーしてもらうことができます。インターンシッププログラムに参加する場合は、インターンエージェントまでお問い合わせください。

▼インターンシップ、ワーキングホリデー等を利用しての就労について

メリット

  • 就労先は多数あり、希望に合った仕事が見つかる 
  • 海外勤務未経験者など、語学を勉強しながら勤務できる。 
  • インターンエージェント等による就労までのサポートが受けられる。

デメリット 

  • ビザ発給などの面で、多くの費用がかかる 
  • 報酬が少ない場合が多い 
  • インターン期間中に正規社員としての就業先が必ず見つかるとは限らない

海外で働きたい人必見!海外勤務求人の効率的な探し方、ノウハウ公開!

海外で働くといっても、大きく分けて2通りの働き方があります。日本企業に就職して「海外駐在」を目指す方法と、現地企業と直接雇用契約を結ぶ「現地採用」です。

 

1.現地採用を目指す方法

現地採用とは、現地企業とあなたが直接雇用契約を結ぶ形になります。年金や社会保険など、現地企業の取り決めによることとなり、良くも悪くも、すべて自己責任となりますが、自由に海外で働いてみたい人には検討に値するでしょう。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

 

2.海外駐在を目指す方法

日本企業に雇用されながら、本社からの指示で海外勤務を行うのが海外駐在者です。
駐在は、海外経験が得られて、比較的給与も高いことから、目指す人も多いと思います。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

現在、海外展開を行う企業の増加に伴い、駐在候補生を募集する企業が急増していますが、そのほとんどが非公開求人として、専門の転職エージェントが、条件にマッチした候補者に個別にアプローチしているのが実情です。
ブリッジでは、海外勤務を希望する、おすすめの転職エージェントをご紹介しています。下記のエージェントに複数登録して、あなたの経験にマッチした求人のご提案を受けてください。(無料です。)※求人の性質上、新卒の方や職歴の無い方はご遠慮ください。

1位 パソナ

パソナキャリアパソナキャリア言わずと知れた日本最大級の人材会社です。実はパソナはかなり海外展開に力を入れている企業で、北米、中国、香港、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、シンガポール、インドに拠点を持っています。

特にコンサルタントのアフターフォローが好評で、海外に精通したコンサルタントが、企業情報を紹介するだけでなく、その他ビザ情報や生活情報をご提供し、サポートしてもらえるのが特徴です。私の周りでも、パソナで転職成功したグローバル人材も多く、個人的には、非常にお勧めのエージェントです。

パソナ公式サイトはこちらから

2位 ビズリーチ

BIZREACHBIZREACH日本でのハイクラス人材の転職支援の先駆けで、海外経験者のマッチングではトップクラスの実績を誇るサービスです。
それだけに、職歴や外国語のスキルは厳しく見られます。
年齢層で言うと、30代後半からベテランまでの海外勤務経験者が対象のサービスになりますので、海外経験のある人は是非登録してみてください。即戦力が期待されるエージェントですので、逆に、新卒~20代の若手の方にはハードルが高いかもしれませんが、海外経験のある人には、管理人が一番お勧めするエージェントです。

ビズリーチ公式サイトはこちらから

3位

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト現地工場長だった方や、技術者・エンジニアの方は・・・
海外勤務経験豊富なエンジニア系の方には、エンジニア専門の「メイテックネクスト」がお勧めです。技術系の案件が非常に豊富で、特化していますので、コンサルタントも業界を熟知した人が対応します。ご自身の経験や知識を、よく理解して、希望にマッチした案件の紹介が受けられます。

メイテックネクスト公式サイトはこちらから

駐在と現地採用の違い 海外駐在員を目指す方法 現地採用を目指す方法
エンジニア・シニアの海外転職 履歴書の書き方 ビザ&大使館情報
仕事を辞める前に、転職先を決めよう! 海外で求められる人材とは?
失敗しない海外就職の為に アメリカで働くには? 現地での医療・危機管理

グローバルキャリア転職ノウハウ トップ

グローバルキャリア
転職ノウハウ

海外転職エージェント
活用方法

国別転職お役立ち情報

国一覧


ブリッジ編集部Presents就職・転職コンサルタントに聞く海外への就職(対談:小寺良二氏)
■コンテンツトップへ▲このページのトップへ