海外求人、海外就職専門の求人サイト-Bridgeブリッジ-

海外求人、海外就職、中国求人(上海・香港・広州・北京・大連・香港・台湾等)等、国際派人材の仕事情報専門の求人サイト・ブリッジ

海外求人の決定版!簡単&無料で一括登録 あなたにピッタリの海外求人が見つかる! 海外出張あり、海外常駐、国内での翻訳など様々な国際派求人情報満載!

海外転職エージェント一括登録サイト、グローバルキャリア転職ノウハウ

現地採用を目指す転職方法

現地採用を目指す転職方法日本でも多くの海外求人情報を扱うサイトがあり、日本に居ながらにして海外の求人情報を取得する事は可能です。ただ、求人数が少なく、情報も少ないため、働くイメージが膨らまない、不安も多いなど、なかなか応募まで至らないケースもあるのではないでしょうか?
ここでは現地採用の場合の海外転職方法をアドバイスします!

まずは、現地企業が求人を募集する際の方法を見てみましょう。
例えば海外にある企業が日本人のスタッフを募集する場合、どんな方法が考えられるでしょうか?
方法としては3通りあります。

  1. 現地の求人広告(ウェブサイトや求人誌)に掲載をする。
  2. 今いる日本人スタッフの伝手(つて)などで探す。
  3. 現地の転職エージェントに求人を依頼する。

の3パターンになります。2)はアナログな方法ですが、特に海外においては未だに健在な採用方法になります。最も多いのは3)の採用のプロである現地の転職エージェントに依頼をする方法になります。

この場合、エージェントが紹介した人材を採用した場合には、企業はエージェントに紹介料を支払いますが、企業にとっても、自社で採用にかける時間がなく、コストを考えても多くのキャンディデイトを抱えるプロのエージェントに依頼したほうが早いと考えるため、企業の採用手段としては非常にメジャーな方法です。その為、現地の転職エージェントには、多くの日本人募集の求人が集まってきます。

現地採用の有効な転職方法とは?

現地採用の有効な転職方法とは?では具体的に海外で働きたい日本の求職者がどうやって現地採用まで至るのか、方法を見てみましょう。

1.現地エージェントに登録する

一番おススメなのは、現地の転職エージェントに登録する事です。
前述の通り、求人の必要がある企業にとって、エージェントを利用する事は非常に一般的だからです。
海外転職エージェントとは、海外向けの求人案件を求職者に紹介する人材紹介会社になります。エージェントを利用すれば、自分に合った海外求人をエージェントから紹介が受けられ、ビザや渡航先情報など、多岐にわたって転職をサポートしてくれるのが特徴的です。

当サイトでは希望する国をカバーする、複数のエージェントに一括登録する事が可能です。まずはエージェントに登録されることをお勧めします。

2.現地に行って転職活動する。

実際に現地に行って、転職活動をする方法もあります。これは非常にアナログな方法ですが、本気で海外就職を目指す方にとっては挑戦する価値がある方法です。
例えば観光ビザで2週間程度滞在している間に、現地の求人誌や転職エージェント等に登録する、面接を設定する等の方法で求職活動をします。5社応募する、面接まで3社設定する、複数の転職エージェントに登録するなどの具体的な目標を設定して動くとより効率的です。就職の為の滞在と割り切って、がむしゃらに就活をしましょう。

現地での就活が効果的な理由としては

  • 現地の方が求人情報が多い
  • 応募から面接までの日程が早い。担当者と直接会って話ができる
  • 本気度を見せる事ができる

などのメリットがあります。
日本にいるだけではめぐり合えない求人もあります。地元で見つけた情報で応募した場合、すぐ会えるというメリットは大きなアドバンテージになります。採用担当者も直接会う事で、人となりを見ることができ、採用のイメージが非常にしやすくなります。また現地に転職活動に言った場合は、複数の転職エージェントにも必ず足を運びましょう。エージェントのスタッフにも「こんな経歴がある」「こんな仕事がしたい」と直接伝えることで、よりマッチした求人紹介に繋がります。
まずは綿密な計画をした上で、行動に移してください。

現地採用の応募から面接までの流れ

では応募したい海外求人があった場合、次のステップに進むためにはどうすればいいでしょうか?また、海外求人の場合どのような採用プロセスになるのでしょうか?

一般的には内定までのプロセスは以下のようになります。
書類選考 →  面接 → 内定

<書類選考>

海外企業への就職の場合、言葉、文化、習慣などの違いから、国内の求人への応募とは大きく異なる点があります。選考のライバルも日本人に限らないかもしれません。
企業にとってあなたを判断する材料は、レジュメしかないので、あなたのアピールできるよう履歴書、経歴書、応募時の文面などには注意を払いましょう。
また、企業はなぜ今回のポジションを募集しているのか、どんな人材を求めているのか、など、募集背景や求める人材像を考慮した上で、会いたいと思ってもらえるように自分をアピールしましょう。企業によっては英文履歴書が必要とされるケースもあります。求められた必要な書類は必ず用意しましょう。
書類選考通過者は、面接に移ります。

<面接>

面接は複数回用意されるのが通常です。一般的にはまずは日本からスカイプで面接をし、選考通過者は現地に渡航して最終面接という流れになります。また、日系企業の場合は、採用責任者が日本本社や日本国内の営業所に現地から戻るタイミングで面接をするケースもあります。
ただ、現地採用の場合、面接時の渡航費用は負担されないケースも多い(企業により異なる)ので、面接の渡航費用の条件等は必ず確認しましょう。
また、内定が出てもワークパーミットが取得できないと就労ができないため、応募の前に渡航先の就労ビザの要件に自分が該当するか確認すると同時に、ワークパーミットが下りるまで気を抜かないように気をつけましょう。

<エージェントを利用する場合>

転職エージェントの求人の場合は、コンサルタントがあなたの転職の伴走者として、様々なアドバイスを聞く事ができます。ご自分で現地企業とやり取りする必要もなく、他にもコンサルタントから様々なサポートを受けることができます。例えば、

  • 企業との面接の調整
  • 英文履歴書の書き方
  • ビザの手続きサポート
  • 現地での生活情報
  • 応募先の企業情報

など、応募者の希望に応じて適切なサポートを提供してくれます。
海外求人の場合、転職エージェントを利用された方が選考もスムーズに進みます。
まずはご登録されることをお勧めします。

避けては通れないビザの問題

避けては通れないビザの問題海外で就労するためには、受け入れる国から労働許可証(ワークパーミットビザ)を得る必要があります。
現地採用での就業の場合、この労働許可証の取得のハードルが高くなっています。

ビザ取得には、

  • ビザ発給要件に本人が合致するか否か
  • 申請者を雇用したいとするローカル企業からの申し入れ(ジョブオファー)

の2点が必ず必要となります。ビザを取得できて初めて就業できる為、ビザ取得に関しては早めに各国の大使館や、希望就職先に問い合わせた方がよいでしょう。

近年ではアジアをはじめ、就労ビザの発給が非常に厳しくなってきています。
各国とも、自国民の雇用機会が奪われることの無いように、外国人の就労に厳しい基準を設けています。外国人がビザを取得するには、企業側のジョブオファーが必要になります。ジョブオファーとは、「こういう理由で当社はこの外国人を採用する必要があります」という企業から国への証明書になり、雇用する企業側にとっても、あなたを採用する大きなメリットがない限りジョブオファーは出してくれません。現地採用でも前職での経験や語学力、資格等が重視される傾向にあります。この点は十分に注意が必要です。

また、多くの転職エージェントでは、ビザ取得や住居まで、海外での就労までをアドバイス&サポートしてくれる会社が多いです。転職エージェントを利用して、効率のいい転職活動をしましょう。

駐在と現地採用の違い 海外駐在員を目指す方法 現地採用を目指す方法
エンジニア・シニアの海外転職 履歴書の書き方 ビザ&大使館情報
仕事を辞める前に、転職先を決めよう! 海外で求められる人材とは?
失敗しない海外就職の為に アメリカで働くには? 現地での医療・危機管理

グローバルキャリア転職ノウハウ トップ

グローバルキャリア
転職ノウハウ

海外転職エージェント
活用方法

国別転職お役立ち情報

国一覧


ブリッジ編集部Presents就職・転職コンサルタントに聞く海外への就職(対談:小寺良二氏)
■コンテンツトップへ▲このページのトップへ