海外求人、海外就職専門の求人サイト-Bridgeブリッジ-

海外求人、海外就職、中国求人(上海・香港・広州・北京・大連・香港・台湾等)等、国際派人材の仕事情報専門の求人サイト・ブリッジ

海外求人の決定版!簡単&無料で一括登録 あなたにピッタリの海外求人が見つかる! 海外出張あり、海外常駐、国内での翻訳など様々な国際派求人情報満載!

タイ(Thailand)の経済状況・生活情報|国別転職お役立ち情報-タイ(Thailand)

経済状況

タイの経済状況2008、2009年、世界経済恐慌からGDP成長率はマイナス2.4%を推移したが、海外輸出分野の景気回復に伴い、その後2010年には7.8%に急回復。2012年の成長率は4.2%と予想されている。
産業構造:製造業に従事する労働者は全集業者数の13%に過ぎないが、GDP比率で製造業は3-4割、輸出では8割を超える。
雇用状況:失業率1.04%(2010年)、
平均賃金:全労働者平均で、月額9,649バーツ(男性9,813バーツ、女性9,447バーツ)

2013 年1 月には、タイ国全土で最低賃金は一日一律300 バーツになることも決定しており、タイ国における労働コストはこの1 年で急激に増加すると思われるため、労働賃金の低いタイ周辺諸国への進出を考え始めている企業も増加している。
盤谷日本人商工会議所の調査によると、今回の最低賃金引き上げについて「影響が大きい」
と答えた企業は、回答をした企業全体の60%を超えており、最低賃金引き上げに伴って企業収益を圧迫することが懸念されている。

登録在留邦人:4万5,805人(2009年10月時点)
進出日系企業数:1317社(2010年2月バンコク日本人商工会会員数、非会員を含めると数千社上回る)

日本との貿易について

日本タイは非常に緊密な関係にある。日本にとって、タイはASEAN随一の主要な貿易相手国であり、日本のタイからの輸入品は、自動車部品、付属品、ゴム、集積回路、電気機器部品、鶏肉魚介類、化粧材など。また、日本からタイへの民間直接投資はBOIに承認されたものだけで、2010年に約1兆バーツあり、タイへの投資のうち日本の占める割合は、他国を大きく引き離して1位である。(構成比約36%)

給与水準・生活情報(物価等)

▼給与水準

現地採用の日本人給与の相場:約5万バーツ。約13.2万円程度。

▼通貨について

通貨:バーツ(Baht)
※1バーツ約2.56円(2011年8月現在)

▼物価の目安

タイの給与水準・生活情報(物価等)

コーラ(350ml):13バーツ=約34.35円
ビール(500ml):70バーツ=約184.98円
ミネラルウォーター(500ml):40=約105.70円
タバコ:80バーツ…約237.83円
※目安:日本価格の1/3程度

タイの求人情報

海外で働きたい人必見!海外勤務求人の効率的な探し方、ノウハウ公開!

海外で働くといっても、大きく分けて2通りの働き方があります。日本企業に就職して「海外駐在」を目指す方法と、現地企業と直接雇用契約を結ぶ「現地採用」です。

 

1.現地採用を目指す方法

現地採用とは、現地企業とあなたが直接雇用契約を結ぶ形になります。年金や社会保険など、現地企業の取り決めによることとなり、良くも悪くも、すべて自己責任となりますが、自由に海外で働いてみたい人には検討に値するでしょう。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

 

2.海外駐在を目指す方法

日本企業に雇用されながら、本社からの指示で海外勤務を行うのが海外駐在者です。
駐在は、海外経験が得られて、比較的給与も高いことから、目指す人も多いと思います。
具体的な転職活動の方法については、下記の記事を参照ください。

現在、海外展開を行う企業の増加に伴い、駐在候補生を募集する企業が急増していますが、そのほとんどが非公開求人として、専門の転職エージェントが、条件にマッチした候補者に個別にアプローチしているのが実情です。
ブリッジでは、海外勤務を希望する、おすすめの転職エージェントをご紹介しています。下記のエージェントに複数登録して、あなたの経験にマッチした求人のご提案を受けてください。(無料です。)※求人の性質上、新卒の方や職歴の無い方はご遠慮ください。

1位 パソナ

パソナキャリアパソナキャリア言わずと知れた日本最大級の人材会社です。実はパソナはかなり海外展開に力を入れている企業で、北米、中国、香港、台湾、タイ、ベトナム、インドネシア、シンガポール、インドに拠点を持っています。

特にコンサルタントのアフターフォローが好評で、海外に精通したコンサルタントが、企業情報を紹介するだけでなく、その他ビザ情報や生活情報をご提供し、サポートしてもらえるのが特徴です。私の周りでも、パソナで転職成功したグローバル人材も多く、個人的には、非常にお勧めのエージェントです。

パソナ公式サイトはこちらから

2位 ビズリーチ

BIZREACHBIZREACH日本でのハイクラス人材の転職支援の先駆けで、海外経験者のマッチングではトップクラスの実績を誇るサービスです。
それだけに、職歴や外国語のスキルは厳しく見られます。
年齢層で言うと、30代後半からベテランまでの海外勤務経験者が対象のサービスになりますので、海外経験のある人は是非登録してみてください。即戦力が期待されるエージェントですので、逆に、新卒~20代の若手の方にはハードルが高いかもしれませんが、海外経験のある人には、管理人が一番お勧めするエージェントです。

ビズリーチ公式サイトはこちらから

3位

エンジニア専門の転職支援はメイテックネクスト現地工場長だった方や、技術者・エンジニアの方は・・・
海外勤務経験豊富なエンジニア系の方には、エンジニア専門の「メイテックネクスト」がお勧めです。技術系の案件が非常に豊富で、特化していますので、コンサルタントも業界を熟知した人が対応します。ご自身の経験や知識を、よく理解して、希望にマッチした案件の紹介が受けられます。

メイテックネクスト公式サイトはこちらから

タイの基本情報へ 経済状況・生活情報へ 就職情報・ビザ情報へ

国別転職お役立ち情報

タイの情報

国一覧

グローバルキャリア
転職ノウハウ

海外転職エージェント
活用方法


ブリッジ編集部Presents就職・転職コンサルタントに聞く海外への就職(対談:小寺良二氏)
■コンテンツトップへ▲このページのトップへ